新潟で中古の一戸建てを購入、そのメリットや評判は?

新潟で中古の一戸建てを購入、そのメリットや評判は?

中古一戸建ての説明

寒冷地にある新潟の中古一戸建ては冬の寒さが非常に厳しいので、その他の比較的冬が厳しくない地方と同じ住宅の構造では、快適な生活を送ることができません。

特に気密性、断熱性は必要不可欠で、中古住宅といえどもそれらの構造はしっかりとしている戸建てがほとんどです。また、玄関や入口周りといった人が出入りする出入り口には雪の吹き込み防止、防風、放熱防止の配慮がなされた造りになっています。寒い地方ならではの工夫が施されていることが、大きな特徴です。

メリット

新潟で中古一戸建てを購入した際の最大のメリットは、価格が新築よりも2割~5割も安くなるところです。

また、エアコンやなどの設備がすでについているところも多いので、寒い冬に向けて暖房設備を新たに購入しなくても済む、といった場合もあります。断熱材を追加する、水周り等の設備を交換するなど、リノベーションすれば、住まいの基本性能を向上させることができるので、新築と遜色がない快適な住まいにできるのも大きなメリットです。

注意すべき点

新潟で中古一戸建てを購入する際に気をつけたいことは、まず、購入後の維持費です。古い物件であればあるほど、実際に住んでみた後に不具合がでやすくなります。

そのため、購入前に念入りにチェックし、入居前に修繕できる部分はしておくとよいでしょう。また、建築基準法は数年ごとに改正されるため、リノベーションしたときに、住宅を狭くしないといけなくなることも。逆に広くできる場合もあるので、事前に調べておくことが必要です。