新潟の不動産で人気なのは「寒さ対策が出来ている物件」

新潟の不動産で人気なのは「寒さ対策が出来ている物件」

北国だからこそ物件の寒さ対策が出来ているかは重要

新潟で1年間にかかる平均光熱費は、北海道よりもかかることがあるそうです。新潟は冬が寒く、夏は蒸し暑いので年間を通してエアコンを使う必要があることがその一因かもしれません。

一般的に寒い地域の家は断熱性や気密性が高く、冬の間の冷え込みや大雪にも快適に暮らすための工夫が随所に施されているものです。寒さ対策ができているかを念頭に置いておくと良いでしょう。

人気の寒さ対策|床暖房

冬に足元から温めてくれる床暖房。暖かい空気は上に、冷たい空気は下にたまりますので、冬はエアコンよりも床暖房の方が効率良く家を温めることができます。

暖房器具が床下にあって場所をとることがないので、部屋を広く使えることもメリットです。灯油やヒーターと違って火を使わないので、火事の心配がない点も見逃せないでしょう。

人気の寒さ対策|二重窓

二重窓とは樹脂製のサッシでできた窓のこと。アルミやガラスの窓に比べて熱伝導率が低いので、外気温に左右されにくいのが特徴です。ガラスの窓との間に空気の層を作って、断熱や結露をできにくくする効果が期待できます。夏場は太陽の熱を遮ってくれるので、部屋に熱が伝わりにくくなります。

エアコンの効きが良くなって電気代も節約できるほか、紫外線もカットしてくれるなど、数多くのメリットがあります。

人気の寒さ対策|壁や天井に仕込む断熱材

断熱とは家の中と外の環境を分けて熱が伝わるのを防ぐことです。古い日本の家は断熱材が入っていないことが多いため、寒い地域では冬が厳しいと言われています。しっかり断熱材が入っていれば冬も夏も快適に過ごせるようになるでしょう。

これから家を建てたりリノベーションをしたりするときは、断熱材を入れることを検討してみましょう。