評判から判断する新潟市で人気の中古住宅を選ぶポイント

評判から判断する新潟市で人気の中古住宅を選ぶポイント

耐震補強や冬のための対策がされているか

中古住宅を選ぶときには、耐震補強や冬のための対策がされているかも大切です。耐震性は、建築時期によっても判断できます。

1981年と2000年に、耐震基準の改定があったので、1981年以降に建てられた住宅ならある程度の耐震性が期待でき、2000年以降に建てられた住宅なら、もっと安全と考えていいでしょう。

ただ、それ以前に建てられた住宅であっても、耐震補強がされている場合は、安心です。また、結露やカビが発生した跡がないかをチェックして、冬のための対策がとられているかどうかの住宅の断熱性も確認しましょう。

修繕箇所に関する書類が一式揃っているかどうか

中古住宅を購入するときには、やはりある程度のリフォームを考える人が多いでしょう。また、リフォーム済の物件もあります。この場合、どこをどのようにリフォームしたのか、修繕箇所に関する書類が一式揃っているかどうかも確認しなければなりません。

書類があれば、どのような修繕をどの程度の費用がおこなったのかが分かるし、将来的にその箇所の修繕が再度必要となったときも、参考にすることができます。

老朽化が起きていないか

中古住宅を購入する際には、やはり多かれ少なかれ、住宅の設備に老朽化が起きていることです。リフォームでキッチンや浴室、トイレなどの設備はリフォームで入れ替えることができますが、建物そのものの腐食や雨漏りが起こっていることもあります。

入居してみてから雨漏りに気づいたということにならないよう、できれば梅雨の時期などの雨の日に内覧してみるのもおすすめです。

付き合いにくい住人が近隣にいないか

物件を選ぶにあたり、物件そのものの条件の確認は必須ですが、実際に購入した物件に生活するにあたり近隣の住民で付き合いにくい人がいないかというのも確認したいポイントです。

せっかく物件を購入しても、近隣の住人に問題のある人が多いと大変です。可能であれば、物件の条件だけでなく、近隣に付き合いにくい住人がいないかも確認しておきましょう。