新潟で不動産を買うなら注目!「新潟市中心部のベッドタウン」として人気のエリア

新潟で不動産を買うなら注目!「新潟市中心部のベッドタウン」として人気のエリア

豊かな自然が残っている「新発田市」

新発田市は、新潟市から車で30分のところにあります。江戸時代には10万石の城下町として栄えた中核都市で、新潟の県庁所在地である新潟市からほど近いにも関わらず、緑が多く残っている地域です。

主な産業は農業ですが、電気機械工業や縫製業、酒や漬物などの食品工業も盛ん。道路網の整備で近隣都市の商圏が新発田市にも広がっており、商業的にも歴史・文化的にも豊かです。

温泉も沢山あり観光面で強い「阿賀野市」

阿賀野市は、新潟市から車で30分ほどのところにあり、新潟市、新発田市などとも接しています。新潟市へ通勤している人は4人に1人とも言われています。

日本海川の新潟県にあるものの、近年は暖冬傾向にあるため冬の期間も日常生活に影響が出るほどの雪は降りません。産業別に見ると、稲作と、建設業、サービス業が主な産業です。

自動車アクセスが便利な「新潟市秋葉区」

あまり知られていないことですが、新潟県は古くから石油を産出している地域です。中でも油田のある秋葉は、かつて石油・鉄道のまちとして栄えた地域で、交通の便も整っています。

ただし、平成8年に採掘を終えてからは、花木や球根の生産地として知られるようになりました。近年は産学官連携の拠点整備により、新しい産業の形成と産業の基盤強化を目指しています。

宅地開発が進んでいる「新潟市北区」

新潟市北区には、複数の自動車道やJRが乗り入れているため、新潟市中心部からのアクセスに優れた地域です。近年は宅地開発も進んでいます。

北区には海岸線と平行に形成された砂丘地帯があります。川の下流にあるため、歴史的には何度も洪水に見舞われましたが、反面、土地が豊かであったことから古くから人が住んでいたエリアとして知られています。